髪を気にする男性たち

病院で処方される薄毛治療薬のご紹介

鏡を見ている男性

皮膚科などの病院で治療を受ける場合、薄毛治療薬を処方してもらう事ができますが、利用する処方薬は男性か女性かによって違っています。
男性の場合の処方薬ですが、プロペシアが有名です。
プロペシアはAGAによる薄毛に対して有効性が認められている数少ない治療薬であり、病院で治療を受ける時にも処方をしてもらう事ができます。

プロペシアの特徴ですが、抜け毛を予防するという効果が主です。
AGAの発症原因は脱毛物質ですが、プロペシアには問題になっている物質を阻害する作用がありますので、それによって抜け毛が予防され発毛サイクルも正常になるという仕組みです。

続いて男性の場合に処方される治療薬としてミノキシジルも挙げられます。
ミノキシジルは発毛を促進させる為の治療薬であり、プロペシアと併用する事によって高い効果を発揮します。
ミノキシジルも薄毛に対して有効性が認められていますので、薄毛を改善する為にも無くてはならない存在かもしれません。

因みに現在ではミノキシジルは女性の薄毛治療にも用いられるようになっているようです。
以前は安全性の観点から女性の利用は禁止されていましたが、女性でも安全に利用できる事が確認されている為、女性にも有効な治療薬です。

女性の場合の治療薬として、その他にもパントガールという飲み薬もあります。
今までは女性に対して有効性のある治療薬はなかったとされていますが、パントガールは臨床試験でもしっかりと発毛作用を確認する事ができており、女性の薄毛に役立つ治療薬です。
服用された方の実に70%以上の方に効果が見られたというデータがありますので、薄毛に悩む女性にとって頼れる存在ですし、安全性も高い為、長期的にも利用する事が可能なのです。